製品設計~治具・省力自動化ライン設計~部品加工~製品組立 品質管理まで一貫対応でお応えします

FrontPage

トッピックス

2016-12-15:マジカルカッター導入にあたり中小企業等経営強化法に関する証明書により固定資産税が軽減されます
2016-12-15:マジカルカッター導入にあたり生産性向上設備投資促進税制の証明書により税制が優遇されます
2015-12-04:キノコのカット装置及び一株キノコが 特許第5845507号 登録される
2015-02-27:マジカルカッター・エボリューションが生産性向上設備投資促進税制の対象設備に認定される
2014-11-14:電子カタログのページを新設
2014-11-07:石突きカット速度が2.5倍 きのこカット機 動画公開
2014-11-06:日経産業新聞で、"3秒で「石突き」カット" 記事発表
2014-11-06:日本経済新聞で、"ブナシメジ加工速度2.5倍" 記事発表
2014-05-23:きのこカット機の動画を公開しました
2013-06-11:信濃毎日新聞で、"ブナシメジのカッター開発" 記事発表
2013-02-22:日経産業新聞で、"きのこの石突きカット機開発" 記事発表
2013-02-21:日本経済新聞で、"PAE農業向け装置参入" 記事発表

食感ゆたかなグルメカット製法

農家にとって・・・・・生産性が大きく向上

商品化率75%

auto-UjKKka.png
  • 商品化率の向上 → 70~80%台を実現
  • 人手カットの場合 → 50~60%台
  • 他社製カット機の場合 → 50~60%台
  • ※弊社調べの参考値です。


  • 10%以上の歩留まり向上により
    年100万の利益効果
  • ※例として1,000万円/年での弊社試算参考金額です。生産規模等条件により異なります。

200%スピードアップ

auto-UjKKka.png
  • 手作業カット時間 → 1株40秒が1株20秒に短縮
  • 例:4人/日8時間作業 → 2人/日8時間作業となり人員削減
  • ※弊社調べの参考値です。


  • 生産タクトの向上、人員削減効果により
    年間カットコストを1/2に削減
  • ※弊社調べの参考値です。生産規模等条件により異なります。


ぶなしめじの商品価値を高める画期的なカット機の誕生です。

 クズが出ない、切る手間が省けて、調理時間が短縮できる。カット済みぶなしめじには、そんなメリットがあります。でも、それを手作業でカットし出荷していたらとても手間がかかります。

 専用のカット機もありますが、従来のものは回転刃やストレートカット方式のため、食べられる部分までカットしてしまい、歩留まりの悪さが問題でした。

 そんな悩みを解決したのが、ピーエーイーのマジカルカッター。ぶなしめじの食感を残す画期的なカット機構(特許出願中)により、商品の付加価値と生産性の向上を同時に実現。きのこ農家の経営を力強くサポートします。

【 主な特徴 】

主な特徴-1
可変式受け皿
ぶなしめじの大きさや形状に合わせて、開き加減を微調整。
ムダのない最適なカットが可能になります。
}}}

#style2(R){{
主な特徴-2
ドームカッター
切れ味抜群の半円筒型カット刃で石突き部分をスピーディーにカットします。

主な特徴-3
セーフティーセンサー
自動停止の安全装置を完備。
カット時にはセンサーが働き事故を未然に防止します。
}}}

#style2(R){{
主な特徴-4
ダストボックス
不要な部分はそのままダストボックスへ。

【 その他、特徴 】

  • タッチパネルで視覚的な操作を実現
  • 家庭用100ボルト電源で稼働
  • 場所をとらないコンパクトサイズ
  • カット刃の交換は使用頻度により年に3~4回程度
  • 掃除しやすく、軸部に食品対応グリスを塗るだけの楽々メンテナンス
  • 電源BOXは安心の防水仕様
  • 必要な部分はステンレス、その他はアルミ化で低コストを実現



ゆたかな食感、そのままに。名付けて、"美食感カット"

ドーム型のカット刃により、石突き部分をムダなくカット。
一本一本カットされたものから、手でさばけるブロック状態まで、カット形状を自由に調整できます。

食感がゆたか

 当カット機でカットしたブナシメジは、ふくらみのある下部まで残すことができます。
 だから食感もゆたか(注1) いっそうおいしく召し上がれます。

ムダなく使えてエコロジー

 カットされているので、そのまま調理に使えます。ぜんぶ食べられるので生ゴミも出ません。

料理が見栄え良く

 一本一本が茎長で見栄えがいいため(注2)、いつものキノコ料理がいっそうおいしそうに映ります。
 ママの腕上がったね!そんな声が聞こえてきそうです。

※ (注1) (注2) 当社が行った消費者と食品バイヤーを対象にした食感アンケート調査より
キノコカット比較

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional