構想段階から設計・試作・量産まで一貫対応

自社商品

自社商品



マジカルブロー (エアーブロー付き簡易集塵装置)New

特徴

  • 工具とエアーガンの持ち替え不要で効率UP
     ・・・ ブロー&集塵
  • 粉塵を撒き散らさないでエアブロー
     ・・・ 作業環境改善
  • エアーブローはセンサー感知連動にてブローがON/OFF 吹出量はバルブにて調整可
     ・・・ 作業らくらく

仕様

項 目詳 細 内 容
ブロー流量65ℓ/min(0.3Mpa時)
集塵流量540ℓ/min(0.3Mpa時)
消費流量180ℓ/min(0.3Mpa時)
電源電圧AC100V 50Hz/60Hz 消費電流20mA


外観寸法

マジカルブロー 外観寸法




歯科技工士用エアーブロー付き簡易集塵装置

特徴

  • 集塵方式は圧縮エアーによるエジェクター方式
  • センサー感知後0.5sec以内にON センサーOFF後、残差タイム分稼働にてOFF(残差タイムはボリュームで調整)
  • エアーブローはセンサー感知連動にてブローがON/OFF 吹出量はバルブにて調整可
  • 集塵フィルタは掃除機用 紙パック使用(市販品)
  • 机の上に置いて作業できるコンパクト設計

仕様

項 目詳 細 内 容
電源電圧AC100V 50Hz/60Hz 消費電流20mA (ACアダプター付き)
制御方式マイコン制御 (PAE製)
エアー供給ドライエアー 0.2~0.7Mpa (0.5Mpa定格)
感知センサー光電反射型センサー
エアーブローセンサー感知連動にてブローがON/OFF 吹出量はバルブにて調整可
ブローノズルφ1.5mm (外径) 長さ50mm任意に折り曲げ可
集塵方式圧縮エアーによるエジェクター方式
集塵タイミングセンサー感知後0.5sec以内にON センサーOFF後、残差タイム分稼働にてOFF
残差タイムはボリュームで調整
集塵フード透明アクリルφ160mm (外径) 長さ130mmパイプ使用 (交換可)
設置机上据え置き
集塵フィルタ掃除機用 紙パック使用 (市販品) 交換可
集塵二次フィルタウレタンフィルタ 洗浄可
フロント開口部ウレタンシート 切り込み有り
外装アルミ (カラーアルマイト処理)
重量4Kg以下


外観寸法

エアーブロー付き簡易集塵装置 外観寸法




粗洗浄機

特徴

  • 加工された部品を自動洗浄機へ投入する前に粗洗浄をする装置です。
  • 溶剤のセッティングもキャスター付きでラクラク設定できます。
  • 全自動運転にて作業者への負担軽減になります。
  • 一度作業条件を設定すれば安定した粗洗浄作業を実現します。
  • 後工程の自動洗浄機へは自動で受け渡す事もできます。

仕様

項 目詳 細 内 容
電源電圧AC 100V 50/60Hz 10A以下
X方向動作軸単軸ロボット (サーボモーター)
ストローク 1220mm
位置決め精度 ±0.01mm
Z方向動作軸高推力防滴防塵電動シリンダー (パルスモーター)
ストローク 300mm
位置決め精度 ±0.02mm
リフト仕様電源電圧:AC 100V 50/60Hz
ストローク:430mm
電動ボールネジ方式
上昇10秒、下降10秒
リフト操作部上昇スイッチ
下降スイッチ
非常停止スイッチ
パネル操作部5.7インチ カラータッチパネル
メイン電源スイッチ
ブザー
非常停止スイッチ (他背面に1個)
制御盤ステンレス製防水形キャビネット
洗浄容器内寸:779.5×483×237(mm) 最大容量:98.2L
ドレインコック(ホース)による排出 排出時間:約4min
可搬重量45kg以下 (洗浄カゴ含む)
使用洗浄剤炭化水素系洗浄剤
総重量350kg


外観寸法

粗洗浄機 外観寸法

  • 注):本機は専用の洗浄カゴが必要となります




高速きのこカット機 マジカルカッター エボリューション

特徴

  • マジカルカッターが進化
     商品価値を高める『美食感カット』をそのままに歩留りを極限まで追求しながらカットスピードを2.5倍にアップ!!
    当社発案のカット方法と新たに搭載された革新型『高速旋回テーブル』により実現しました。

高速旋回テーブル搭載
高速旋回テーブル搭載

カットしめじ
美食感カット 


仕様

項 目詳 細 内 容
電源電圧AC100V 50/60Hz 単相 300W(ピーク時) アース端子付プラグケーブル 2m付き
操作部タッチパネル 5.7インチTFTカラー液晶
各軸動作刃部開閉電動型シリンダー   1基
受け皿開閉電動型シリンダー   1基
排出回転DDアクチュエーター  1基
動作スタート方式両手スタートスイッチ方式 (しめじセンサー感知時のみ動作)
安全対策エリアセンサー (EN ISO13849-1 :2008カテゴリ4)
両手スタートスイッチ方式 (しめじセンサー感知時のみ動作)
非常停止スイッチ
刃部上カバー有無センサー
サイド扉開閉センサー
しめじセンサー (しめじセット時)
排出コンベアーAC100V 単相25W スピードコントロール付 (本体背面)
食品搬送ベルト幅280mm
食品衛生に関する告知第370号合格品
抗菌・防カビ・耳ホツレ防止
カット刃ステンレス (SUS304) 消耗時交換品 (オプション)
しめじ受け皿ステンレス (SUS304)
サイクルタイム ※13sec以下
重量190kg


外観寸法

 ※2

マジカルカッター エボリューション 外観寸法

  • ※1 サイクルタイム:しめじの受け皿へのセット~次のセットまでの一連のサイクル動作時間で、あくまでも目安時間であり、特性を補償するものではありません。
  • ※2 寸法図において、高さ寸法はキャスター部アジャスター固定(高さ)により多少変動します。また本図は本体のみの寸法です。ダストBOX・コンベアー下の角トレイなどは寸法に含まれておりません。
  • 注意:本製品は改良等により、予告なく仕様変更する場合がございます。




きのこカット機 マジカルカッター

マジカルカッター

農家にとって・・・・・生産性が大きく向上

商品化率75%

auto-UjKKka.png
  • 商品化率の向上 → 70~80%台を実現
  • 人手カットの場合 → 50~60%台
  • 他社製カット機の場合 → 50~60%台
  • ※弊社調べの参考値です。


  • 10%以上の歩留まり向上により
    年100万の利益効果
  • ※例として1,000万円/年での弊社試算参考金額です。生産規模等条件により異なります。

200%スピードアップ

auto-UjKKka.png
  • 手作業カット時間 → 1株40秒が1株20秒に短縮
  • 例:4人/日8時間作業 → 2人/日8時間作業となり人員削減
  • ※弊社調べの参考値です。


  • 生産タクトの向上、人員削減効果により
    年間カットコストを1/2に削減
  • ※弊社調べの参考値です。生産規模等条件により異なります。


ぶなしめじの商品価値を高める画期的なカット機の誕生です。

 クズが出ない、切る手間が省けて、調理時間が短縮できる。カット済みぶなしめじには、そんなメリットがあります。でも、それを手作業でカットし出荷していたらとても手間がかかります。

 専用のカット機もありますが、従来のものは回転刃やストレートカット方式のため、食べられる部分までカットしてしまい、歩留まりの悪さが問題でした。

 そんな悩みを解決したのが、ピーエーイーのマジカルカッター。ぶなしめじの食感を残す画期的なカット機構(特許出願中)により、商品の付加価値と生産性の向上を同時に実現。きのこ農家の経営を力強くサポートします。

【 主な特徴 】

可変式受け皿
可変式受け皿
ぶなしめじの大きさや形状に合わせて、開き加減を微調整。
ムダのない最適なカットが可能になります。
}}}

#style2(R){{
ドームカッター
ドームカッター
切れ味抜群の半円筒型カット刃で石突き部分をスピーディーにカットします。

セーフティーセンサー
セーフティーセンサー
自動停止の安全装置を完備。
カット時にはセンサーが働き事故を未然に防止します。
}}}

#style2(R){{
ダストボックス
ダストボックス
不要な部分はそのままダストボックスへ。

【 その他、特徴 】

  • タッチパネルで視覚的な操作を実現
  • 家庭用100ボルト電源で稼働
  • 場所をとらないコンパクトサイズ
  • カット刃の交換は使用頻度により年に3~4回程度
  • 掃除しやすく、軸部に食品対応グリスを塗るだけの楽々メンテナンス
  • 電源BOXは安心の防水仕様
  • 必要な部分はステンレス、その他はアルミ化で低コストを実現



ゆたかな食感、そのままに。名付けて、"美食感カット"

 ドーム型のカット刃により、石突き部分をムダなくカット。
 一本一本カットされたものから、手でさばけるブロック状態まで、カット形状を自由に調整できます。

食感がゆたか

 当カット機でカットしたブナシメジは、ふくらみのある下部まで残すことができます。
 だから食感もゆたか(注1) いっそうおいしく召し上がれます。

ムダなく使えてエコロジー

 カットされているので、そのまま調理に使えます。ぜんぶ食べられるので生ゴミも出ません。

料理が見栄え良く

 一本一本が茎長で見栄えがいいため(注2)、いつものキノコ料理がいっそうおいしそうに映ります。
 ママの腕上がったね!そんな声が聞こえてきそうです。

※ (注1) (注2) 当社が行った消費者と食品バイヤーを対象にした食感アンケート調査より
キノコカット比較

本商品に関するお問い合わせは

E-mail
  • 設計開発課(阿智工場)
    TEL:0265 (43) 2253
    FAX:0265 (45) 1011
    お問い合わせ画面からご連絡下さい。

ページ Top

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional